三月日記

風の赴くままに

成したわけない、成さねばならぬ

f:id:speedcater:20170421012520j:plain

 

我が(史上最悪劣悪な街)栃木の佐野から東京都の国分寺(そこそこいい街)へ引っ越しました、専門学校の都合で都内へ上京。ようやく落ち着いたので自分の整理をしようと思う

 

まず住んでいる所、初めての一人暮らし、もともと栃木にいた時は自分の部屋なんてものがないからこれは非常に嬉しい。自分のテレビや電子レンジを購入し、かなり快適な生活を送っていると思いきや、もともと開通してあるインターネットが最悪劣悪0mps出るレベルで酷いし、風呂トイレ台所共通、壁は薄いの最低環境です。それでも住めば都(だと自らに言い聞かせ)なところですかね、ポスター貼りまくりだし、近くにスケートパークがあるのはすごく嬉しいです、立川とか、武蔵野(20分ぐらいかかるけど)

専門は授業ほとんど楽しい(自分が学びたいことだったし)から面白いですし。友好関係は最悪だけど

成したつもりでいてもまだまだ成せない、成さねばならぬようにせなならないと思いますわぁ、本当

インターネット5時間神話体系

わけあって僕は今近所のネットカフェにいる。家のネットが止まったとか、スマホが壊れたとかではなく、家が嫌になったので孤独になるべくネットカフェにきた。時間は5時間。この5時間有意義に使うには何をしたらいいか(ネットカフェに5時間いる時点で考えものだとは思うが)考えている。

ネットカフェの部屋はとてもいい、大きいモニターに適度に落ち着く、閉所恐怖症の人は怖くなるであろうこの狭さ。どこにでも手が届くこの広さがちょうどいい。1ヵ月住んだら10万円貰える企画があれば喜んで12ヵ月悠々自適に暮らすだろう。掃除だってしやすいしね、この狭さは。しかしいい点だけというわけでもない。些細なことだろうがこの2つ実に厄介。1つはヘッドホンが対して良くないこと。妙にデカく非常に困る。落ちちゃいそうだ。対して音も良くないし、ラジオの音声が漏れてそうで心が落ち着かなくなる。そして、もう一つ。キーボードがカチャカチャうるさいやつなのだ。よく漫画の表現として天才ハッカーと呼ばれるキャラクターがキーボードを叩き   「カチャカチャカチャッターン!」という音を出しているのをよく見かけるだろう。 まさにこの擬音一言一句精密なぐらいその音がなるのだ。このブログを描いている時、他のルームの人にハッカーと間違えられてFBI KGB NHK ICPO KFCなどの所に通報されたら大変だ、早急にこのキーボードを消音のにしてもらいたいぐらいだ。

そういえばWatch Dogs2の発売が迫りに迫っておりますね、12月になるまでにはペルソナ5を片付けWatch Dogs2に勤しみたいわけですがかなりその計画の雲行きは怪しい状態です。まさに11月の空模様のように(上手いことを言ったつもりか)

今回は暇を持て余しているのであえて誰も読まないであろうこの駄文をツラツラ赤面しながら、将来読み直したら媒体ごと焼却してしまうような文を書いているのだがいかんせん低学歴の猿、全然文が進まない。もう1000文字ぐらい書いたつもりがまだ843文字だ。動画だと独り言も音声として乗るがブログはそういうわけにもいかない。自らの考えを一度振り返り文章にするという作業があるせいである程度まとまった文にはなるが行動一つ一つを文章にするという行為が非常に難解である。

例えばお菓子のレビューをするとする。動画だと美味しい表現は身体で表現ができるのでかなりわかりやすいが、文章だけだとどうだろう。甘さという表現だけでも小説家思考にならなくてはいけない。ざっと思いつくだけの表現方法として

しっとり

とろん

でろん

ドロッと

ヌメヌメ

などの表現がある。ちなみにこれはローションを頭に浮かべて擬音を考えた。

では逆に一切考えずに文章を打つとどうなるか。試してみよう

 

 

う^あはをうぃいいいいだあああああって感じのやつをそばでみてたいんさ?

 

イカれている。5秒間考えないで打ってみたがここまでひどいとは思わなかった(これでも一瞬考えてしまったのだが感じのやつをみていたいとはどういうことなのか)

ともあれ、この狭いルームから全世界にこの中学二年生が描いたポエムのような文を放出させることができるのは非常に素晴らしいことだ。なぜなら本当の中学二年生が本当にポエムを放出させている可能性があるからだ。この広大なインターネットの世界、この文が埋もれる事を心から感謝する。ありがとうビルゲイツ、ありがとうインターネット、ありがとうなんか知らない偉いおっさん、ありがとうネットカフェ

噂のアイツがやってきた、ヤァヤァヤァ!

本日10月28日は何があったと思いますか!!!

 

そうです。Appleの新製品発表会ですね。そこでやっとお披露目になりましたあの機種

 

MacBook Proですよ!まだかまだかと言われようやく出ましたね、

 

実はですね、そのMacBook Proが10月の15日には届いておりました。

 

いや〜〜こんなことってあるんですね。見てくださいよ!

f:id:speedcater:20161028053251p:plain

僕のMacBook Pro2015年モデル

今年は2016年だよ...しかももう10月も終わって11月だよ...今年は出ないと思って素直に入手してしまったよ...

 

まぁ2016年モデルがめちゃくちゃ欲しいってわけではないのですがね、最新機種には目を惹かれる性分ですが今回のMacBook Pro、はっきり言ってどうなんですかね?

 

とりあえず新しくなったものを1つ描くとしますと

  • Touch Bar・Touch IDの搭載

これがメインなのではないでしょうか、まさかの決断物理ボタンでのEscキーを無くしてしまうという行為には驚きましたが、それと同時にカスタマイズ性がかなり広がったと思います、正直使わないボタンってかなりありますしね、音楽の再生ボタンとかスキップボタンはショートカットキー使うよりも直接クリックした方が速いと思いますし、Launchpadのボタンもそこまで使うものなのかと言われたらかなり微妙だったりもしますし、ともかくかなり面白い機能だとは思います。

 

価格は13インチで色んなものを載せても30万切るお値段、妥当!かなり欲しくなってます。だけども今のMacBookに愛着もあればかなり気に入っているのでもう少し我慢していたらよかったなぁなんて思ったりもしました。

 

 

 

RealVSFake

f:id:speedcater:20160817123956j:image

シン・ゴジラ給料日まであと2日というところで残りの財産握りしめて見てきます。現在時刻は12:45 周りはおそらくアイカツかワンピース。 どうでもいいですけどアイカツ ワンピース ゴジラの並びってなんかいいですね、夏休みわんぱくキッズスペシャルって感じがして。

あまり僕はこういう怪獣物というのは見ない、それどころかゴジラシリーズもこれが初めてなのですが一体どんな物になっているのかかなり気になっています。一つのマスコットとなってしまったゴジラが本来の姿を表すこの瞬間をワクワクしている自分が居ます。

 それじゃあ開演なので見てきます〜

 

 

 

 

 

 

あれ...

 

 

これ

 

 

 

 

 

 

 

エヴァンゲリオンじゃね?

 

 

 

完全にエヴァがないエヴァンゲリオンです。

 

とまぁ冗談はこのぐらいにして、かなり面白かったです。キャッチコピーの通り現実の物が如何にして虚構である怪物ゴジラを倒すのか。シミュレーションと言ってしまっていいぐらいの迫力でした。キャラクターも全員立っていてよかったですね。尾頭安田を筆頭にかなりのキャラが目立つことなく土台を支え合って倒す。これぞ日本映画だと思いました。

 

最近物がよく壊れるって話

ンガーーー!!!!!!!!!!!!と怒りたくなるぐらいにここ最近物が壊れます。

 

ヘッドホンのケーブルが断線したと思ったら一週間後次はイヤホンが断線したり...

 

ただでさえバイトのシフトが少なすぎてお給料があまりないのに...

 

少ないお金がもっと減ってしまいます...代わりのヘッドホン買ってしまったのでヨーヨーが買えないし...悲しいです。

 

今日の一曲

 

これといってブログに書くことがあまりないので自分の好きな曲とか書いてみようと思います。

 

記念すべき1曲はこちら

 

 

 

僕も最近知ったバンドなのですがかなりいい歌ですね。

 

夕方、君に電話するよ、

君のきれいな感情をすべて用意しておいて

今夜それが君をなぐさめるから きっと

 

すごく遠回しに別れを告げる歌詞に、その後の

I can’t believe I ever stayed up writing songs about you

(君のために遅くまで曲を描いてたなんて信じられない)

が切なくて素敵です。MVでは楽しそうにしているのに、かなり切なく、詩的な歌詞で素晴らしいと思います。

 

 

4月でも3月

なーーーーーに一つとしてやる気が出ません

少し早めの5月病
今日も元気にお布団ゴロゴロです。
ブログもちょろっと書いてハイおしまいになってしまいがちなのでこれはいかんなということで書いていきますよ
 
 
フリクリを見てるって話
 

かねてより気になっていた、フリクリをようやく見はじめました。世界観や音楽がかなり好きで、一話のハル子の「脳みそ空っぽのくせしてなにを怖がっているんだ」というセリフが大好きです、ストーリーもかなりふわふわしている内容なのですが今時のアニメにない監督の頭の中をそのまま動画にしているアニメは賛否両論ありますがかなり好きだなと感じました。

f:id:speedcater:20160409020347j:plain

↑今のところ一番好きな回マルラバからナオ太に猫耳が生えちゃうっていうシーン、バケットハット被ってるナオ太も可愛いし猫耳のも可愛かったです。

 

マルラバはなんというかニナモもハル子もナオ太も可愛いいい回でした、それでいつ見応えもあるしリトルバスターズがかかるシーンもRide on shooting starもかっこよくて気持ちいい終わり方だなと思いました。どうやらアニメシリーズもやるようで不安もありますが楽しみです。

映画館が遊園地になった、ガールズ&パンツァーを見てきたよって話

大会で優勝し、廃校を免れ平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。 大洗町では優勝を記念したエキシビジョンマッチが開催され、大洗女子学園と知波単学園の混成チームと聖グロリアーナ女学院プラウダ高校の混成チームによる試合が行われていた。
試合を終えて、参加者たちは親交を深めていた。そんな時、生徒会長の杏が「急用」で学園艦に呼び戻される。そのことをいぶかしく思いつつも大洗女子学園の面々は学園艦へ戻るが、彼女たちが目にしたものは立ち入り禁止の札が貼られた学園の門であった。
彼女たちは文部科学省の学園艦教育局担当官から、「優勝すれば廃校を免れる」というのは可能性でかつ口約束であり、検討はしたものの廃校の撤回はできなかったという事実を告げられる。戦車道チームのメンバーたちはこのことに対して抗議の声を上げようとするが、周囲に迷惑をかけられないという杏の言葉に諭され、学園艦からの退去を泣く泣く承諾する。
生徒たちは転校先が決まるまで分散して生活を送ることになるが、戦車道履修者に限り、共同生活を送ることとなる。そんな中、杏は密かに文部科学省の担当者と交渉していた。そして日本戦車道連盟やみほの母・しほなどの後ろ盾を得て、天才少女と呼ばれる島田流戦車道家元の娘・島田愛里寿率いる大学選抜チームに勝利すれば、今度こそ廃校を撤回するという確約を得る。しかし試合内容は参加可能台数の上限が30輌と設定され、勝敗もフラッグ戦ではなく殲滅戦とされる。それは戦車が8輌しかない大洗女子チームにとって厳しすぎる条件であった。
試合前夜、それぞれで明日の試合に備える大洗女子学園戦車道チーム。同じ頃、ダージリンがモールス信号で「お茶会」の開催を各校へ発信していた。夜が明け、試合が始まろうとしたその時、黒森峰女学園の西住まほと逸見エリカが保有戦車ごと大洗女子学園に『転校』してくる。さらにサンダース大付属高校、聖グロリアーナ女学院プラウダ高校アンツィオ高校といったかつての対戦相手に加えて知波単学園や継続高校も続々と『転校』しチームに合流。強力な援軍を得たみほたち大洗女子学園戦車道チームは、自分たちの学園を取り戻すべく大学選抜チームに挑む。

-Wikipediaから引用

見てきましたよっとガルパン4DX、アニメに思い入れがあるってわけでもなく。どちらかと言ったら「戦車ってなんやねん」「なんで乙女の嗜み扱いされてんねん」などの空気読めないツッコミを多数していました、取っ付きにくいといいますか、あの空気についていけなかったのです。Twitterで回ってくる感想、まるで宗教にハマった人のように大量に言われる「ガルパンはいいぞ」そして偶然のように地元の映画館で上映されるということなので行ってきましたよ

続きを読む